So-net無料ブログ作成

植物は気温6週間記憶し開花調整 京大解明、農業効率化に期待(産経新聞)

 植物の遺伝子を解析することで開花時期を予測できる統計モデルを、京都大学の工藤洋教授(植物生態学)らの研究チームが世界で初めて開発し、8日付(日本時間)の米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。

 開花時期を科学的に解明したことで、農作物の効率的な栽培などへの応用が期待されるという。

 これまで、植物には一定期間の気温の変動を記憶し、開花を抑制する遺伝子があることは判明していたが、具体的な仕組みは解明されていなかった。

 そこで研究チームは、2年間に渡ってアブラナ科のハクサンハタザオを観測。気温と同遺伝子の働きを測定し、同遺伝子が気温を記憶する期間を表す統計モデルを作り、さまざまな数値を当てはめて試算した。

 この結果、同遺伝子が6週間の気温を記憶し、期間内に気温10.5度以下となった時間の合計数値が増えるにつれ、同遺伝子の機能が抑制されることがわかった。

 工藤教授は、同様の統計モデルを使って調べれば、理論上はすべての植物の開花システムを解明できるとした上で、「農業生態系の理解につながり、食料の安定供給が期待できる」としている。

【関連記事】
高齢化に食糧危機…「植物工場」は農業の救世主か?
植物を育て人をはぐくむ「園芸福祉」 新潟
生物多様性 「50年までに現状以上へ」 COP10 日本案を提出
アートで地球環境考える 「エコな現代美術」 群馬県立館林美術館
海洋生物のゲノム積極活用 老化防止や希少金属回収
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

参院比例に慶大教授=みんな(時事通信)
国民新、新党日本が衆院統一会派=民主への発言力確保狙う(時事通信)
菅首相会見速報(1)「最小不幸の社会」づくり目指す(産経新聞)
菅首相会見速報(6)衆参ダブル選に否定的(産経新聞)
鳩山内閣が総辞職へ=262日、5番目の短命(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。