So-net無料ブログ作成

<温暖化>非公式会合閉幕 ポスト京都巡り主要国合意せず(毎日新聞)

 京都議定書に定めのない13年以降の地球温暖化対策を協議する主要28カ国による非公式会合は2日、「国際枠組みについての議論をさらに進展させることが重要」との議長総括をまとめ閉幕した。しかし、ポスト京都の枠組みで出席国の見解は分かれ、依然として法的拘束力のある合意文書の採択は難しい情勢だ。

 非公式会合では、11月からメキシコで始まる国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)で目指す枠組みを論議。しかし、温室効果ガス削減目標の設定のあり方などで意見が対立した。また、国連に設置された交渉の場だけでなく、先進国から途上国への資金援助など課題ごとに関係国が非公式に協議しなければ実質的な議論は進まないとの意見が大半を占めた。

 非公式会合は日本とブラジル両政府の主催で1日から東京都内で始まり、昨年末のCOP15後初めて、主要国の交渉担当者が集まった。【足立旬子】

【関連ニュース】
温暖化対策:主要国の非公式会合始まる 交渉の進め方議論
温暖化対策:デブア事務局長が辞任へ
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束
地球温暖化対策:主要国の非公式会合始まる
地球温暖化対策:COP15後初の公式協議、4月に開催

チリ大地震、震源近くの邦人32人の無事確認(読売新聞)
入れ歯安定剤の販売中止、長期使用で副作用(読売新聞)
母の遺体自宅に放置、会社員逮捕=「年金もらえなくなる」−兵庫県警(時事通信)
外国人参政権、調整に努力=鳩山首相(時事通信)
<普天間移設>首相「月内に政府案」(毎日新聞)

津波警報が真ん中に テレビ画面表示に不満続出(J-CASTニュース)

 日本地図で表示される津波警報のためにテレビが見づらい、とネット上で苦情が相次いでいる。特に、表示が画面の真ん中に寄っていることに不満が強いようだ。

 主人公の顔に、「大津波警報」「津波警報」「津波注意報」の字と、その地域を知らせる日本地図が完全にダブっている。TBS系で2010年2月28日午後5時から放送されたアニメ番組「鋼の錬金術師」の1シーンだ。

■アナログで右隅に表示すると、デジタルで真ん中寄りに

 アニメばかりでなく、野球のベーススライディングシーンや詰め将棋の駒配置画面、そして、五輪フィギュアのエキシビション演技にも警報表示がかぶっていた。

 テレビが見づらかったことに、ネット上では、不満が相次いでいる。2ちゃんねるでは、「真ん中すぎる…」「全然あたまに入らない」「字幕にして観てたからカオスだった」といった書き込みがあった。

 もちろん、人の生死に関わる情報だけに、理解を示す声も多い。「災害情報のほうが重要だろ」「そんなに好きならDVDかブルーレイで買えw」「TVとかラジオって言うのはこう言う時の為にあるって言っても過言じゃない」といったものだ。

 とはいえ、テレビで見ると、警報表示の右隅などがまだ空いている。なぜ表示が真ん中寄りになっているのか。

 これについて、民放連の関係者は、アナログ放送に配慮したためと解説する。

  「デジタル放送の画面で、右隅に表示したとします。すると、画面の横と縦の割合が16対9なのに対し、アナログでは、割合が4対3なので表示が切れてしまうんですね。アナログで右隅に表示しようとすると、デジタルでは横長なので真ん中寄りに表示されてしまうわけです」

 こうした画面表示について、警報などを流す気象庁では、「テレビ局が独自に地図などを作っており、こちらから指示していることはないです。表示まで関知していませんので、特段何か意見を申し上げることではありません」としている。

■テレ朝「再放送考えないが、表示に検討の余地」

 一方、ネット上では、番組が見づらかったことに対し、テレビ局側に何らかの対応を求める声が多い。「再放送を断固要求する」といった強いものから、「せめて半透明にするとか、リモコンの何かのボタンを押すと消えるとか」といったように対策が必要との指摘まであった。

 テレビ各局で同様な問題が起きているが、テレビ朝日の広報部では、こう説明する。

  「現状では、アナログ仕様にして、画面の右下に表示している認識です。デジタル放送ですと、真ん中寄りに見えるかもしれません。情報がきちんと伝わり、すべての方が認識するのを大前提にしています。地図を見えにくくするのでは、本末転倒と考えています」

 今後の対応については、「再放送などは、考えていません。表示を消せるようにするなどは、今のところどうするという考えはないですが、検討の余地があるかもしれません」という。2011年7月のアナログ放送終了後は、デジタルでも右隅に表示できるかもしれないとしている。

 TBSの広報部では、表示問題について、「津波警報や注意報が出た際には、非常に大きな被害が出る可能性もあることから、放送法の『災害の場合の放送』の規定に則り、視覚的に最も注意喚起できる地図スーパー表示や、速報スーパー、特別番組、L字対応などで到達時刻などを視聴者の皆様にお伝えしています。具体的にどの方法を取るかについては、過去の事例等も鑑みて、そのつど決定しています」と文書でコメントしている。

 なお、TBSでは、日本地図に対馬が表示されず、ネット上で騒ぎになっていた件について、文書のコメントでこう説明している。

  「当社の場合、9つの島嶼部については、地図の見易さを優先し、警報・注意報が出た所だけ島の形が表示されるようになっています。このため今回のケースでは、警報・注意報が出なかった『利尻島・礼文島』と『壱岐・対馬』については、表示しませんでした」


■関連記事
チリ大地震 日本にも津波 : 2010/02/28
アナログ波停波まで3年弱 地デジ完全移行なんてできるのか : 2008/12/22
地デジ移行後もCATVでアナログ併存を検討 : 2009/01/08
「架空のラーメン屋」の味を再現したカップ麺!?  : 2010/02/25
<ビジネス敬語8>上司から打診された急な残業を断るときには? : 2010/03/01

研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)
体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)
女性保育士が虐待?園児の口に粘着テープ(読売新聞)
17年で322億円の赤字解消=再生計画で最終案−北海道夕張市(時事通信)
<群馬たまゆら火災>理事長、施設長を起訴 業過致死罪(毎日新聞)

年金の与野党協議に前向き=国会説明「小沢氏に任す」−鳩山首相(時事通信)

 衆院予算委員会は26日午後、社会保障に関する集中審議を行った。鳩山由紀夫首相は公的年金の抜本改革に関し「政権が代われば猫の目のように変わっていいものではない。政権与党が知恵を絞って原案を作っていくが、ある時点で与野党がそろって協議し一つにまとめ上げる努力が重要だ」と述べ、野党の意見も聞いた上で成案を得たいとの考えを表明した。公明党の坂口力副代表への答弁。
 自民党の町村信孝元官房長官は「政治とカネ」の問題をめぐり、「なぜ小沢一郎民主党幹事長に国会で説明するよう指示しないのか」と追及。首相は小沢氏に電話で説明を促したことを改めて紹介した上で「説明のやり方は本人に任されるものだ」として、具体的対応は同氏の判断に委ねる考えを示した。 

<津波>危機管理センターを設置 対応に追われる…政府(毎日新聞)
東京マラソン ベリーダンス集団も応援(産経新聞)
「浮気と思った」17歳少女を刺した42歳男逮捕(読売新聞)
英特命公使に林氏(時事通信)
【核心】法政大中学高校「常軌逸した」体罰なぜ…(産経新聞)

<石垣市長選>前市議の中山氏が初当選 現職の大浜氏を破る(毎日新聞)

 沖縄県の石垣市長選は前市議の中山義隆氏(42)が初当選。現職の大浜長照氏(62)を破る。投票率は77.42%。

 確定得票数次の通り。

当16421 中山 義隆=無新<1>[自][公]

 11407 大浜 長照=無現(4)[民][共][社]

南鳥島、10センチの津波(時事通信)
雑記帳 スピードの加藤選手の母校 センバツに初出場(毎日新聞)
夜景も自然も堪能 六甲山に新展望台(産経新聞)
審議拒否で執行部批判=舛添氏(時事通信)
<富士山の日>山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)

<長谷川等伯>特別展23日開幕 東京国立博物館で(毎日新聞)

 安土桃山時代の絵師、長谷川等伯(1539〜1610)の作品を一堂に集めた「没後400年 特別展『長谷川等伯』」(主催・東京国立博物館、毎日新聞社、NHKほか)の開会式と内覧会が22日、東京・上野の東京国立博物館であった。23日に開幕し、3月22日まで(最終日を除き月曜休館)。

 同展には、日本の水墨画の最高峰といわれる「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」、京都・智積院(ちしゃくいん)所蔵の金碧(きんぺき)障壁画「楓図壁貼付(かえでずかべはりつけ)」など国宝3件、重要文化財27件を含む73件が出展される。

 開会式で銭谷真美・東京国立博物館長は「国内の等伯作品をできる限り網羅し、等伯の全貌(ぜんぼう)を一挙に公開する史上最大規模の大回顧展です。魅力あふれる作品の数々をぜひ堪能していただきたい」とあいさつした。

 内覧会には約1900人が出席。等伯ファンで等伯を主人公にした歌舞伎を構想しているという歌舞伎俳優の中村吉右衛門さんも訪れ、2時間近くかけて松林図屏風などの作品に熱心に見入っていた。【森本英彦】

【関連ニュース】
長谷川等伯展:展示作業行われる 東京国立博物館
国宝土偶展:入場者10万人を突破 2月21日まで開催
長谷川等伯展:出品の国宝2点搬出 京都・智積院から
皇后さま:「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館
「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気

【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(5)(産経新聞)
【かんさい発ECO応援団】間伐材利用で一石二鳥 「大阪府木材連合会」(産経新聞)
小学生が手作り「ながおか検定」270問(読売新聞)
国公立大入試4.9倍=志願倍率が確定−文科省(時事通信)
1票格差2・30倍は平等に反する程度…東京高裁(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。