So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<天下り法人>新制度移行審査を停止 蓄財「持ち逃げ」防ぐ(毎日新聞)

 官僚OBの天下りを受け入れている公益法人について、鳩山政権が前政権下の08年末に始まった新公益法人制度への移行審査を停止していることが分かった。審査を通らなかった法人は一般法人となるが、国の監視が緩くなるため「優遇措置で蓄えた資産を『持ち逃げ』されかねない」(政府関係者)と判断。約20法人が申請している審査がストップしている。

 所管省庁などの許可で設置される公益法人は天下りの温床になっていると指摘されてきたため、前政権は許可制を廃止。新制度では(1)公益性が高く税制面で優遇される「公益社団財団法人」(2)優遇措置はないが法人運営の自主性が高まる「一般社団財団法人」−−に分けられることになり、公益認定等委員会が審査することで透明化を図るとされた。

 国と都道府県所管の公益法人は約2万4000。天下りを受け入れていない法人の審査は続けられているが、新制度に移ったのはわずか81法人。前政権下で審査した中に、国の監視を逃れる目的で一般タイプへの移行を図ったとみられる天下り法人が「2、3あった」(政府関係者)という。13年11月までに移行しなければ解散となるが、申請に必要な定款などが整っていない法人も多く、申請自体が滞っている。

 政府の行政刷新会議は近く公益法人と独立行政法人の一体的改革に着手する方針で、「事業仕分け」の手法を使って運営実態や財務内容を精査したい考え。10年度予算編成の事業仕分けでは、民間都市開発推進機構が抱える1577億円などが「国庫返納」とされており、11年度予算編成の財源確保につなげる狙いもある。【鈴木直】

【関連ニュース】
<鳩山政権の通信簿>国家公務員の天下りあっせんを全面禁止の進ちょく状況は・・・
公務員改革:天下り監視に新組織…人材センター廃止
天下り:「隠れ」62人 嘱託名目、年収800万以上−−総務省再調査
公務員改革:天下り監視に新組織 人材センターは廃止
小澤征爾氏:芸術予算に提言 天下り、オケに負担

とあるキャバ嬢のブログ
もも吉
出会いランキング
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ

<新型インフル>ワクチン80人分盗難 京都の病院(毎日新聞)

 京都府長岡京市の済生会京都府病院は5日、新型インフルエンザワクチンの入った容器16本(80人分)がなくなったと府警向日町署に届けた。ワクチンを移動させたという職員がいないため、同署は窃盗事件の可能性があるとみて調べている。

 同署によると、同病院では昨年12月25日に年内最後のワクチン接種があり、午後5時の診療終了後、残ったワクチンを2階の外来小児科休憩室の冷蔵庫に収納。4日午前8時半ごろ、出勤した看護師がなくなっているのに気付いた。この間、接種日はなく、12月29日〜今月3日は休診だった。小児科休憩室への出入りは自由で、冷蔵庫は施錠されていなかった。他になくなったものはないという。

 接種費用は低所得者を除き1回3600円。【田辺佑介】

【関連ニュース】
新型インフル:診療所院長、医療従事者用ワクチンを孫に
新型インフル:ワクチンの公費負担を検討 厚労省
新型インフル:ワクチン品質問題なし…カナダでの調査団
新型インフル:ワクチン接種後死亡100人超す 厚労省
新型インフル:英・スイス社製のワクチン承認可能

マラソンは自分を鍛える
h6voiet8のブログ
競馬サイト
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。